オンラインレッスンリニューアル

 

リズム感なんてものはない

 

「私リズム感ないんでベースとか・・・」

って話をよく耳にするんですけど、

んなこたぁないっていっつも言うてます笑

 

確かにもともとめっちゃカッコいいモノを持っている

「うわ、なんやこの人のノリ!めっちゃグルーヴィーやん・・・!」みたいな方、

たまーーーーにいてますけど。笑

 

 

だけど、

僕自身もそうだしこれまで数百人とレッスンで見てきましたが、

 

ほぼ100%、いや100%の方が、

ゼロから(楽器経験がなくても)でも

ちゃんとリズムのある演奏が出来るようになります。

 

 

じゃあ、そこの差は何かというと

 

「知っているか知らないか」

 

ほんまに、これにつきます。

 

 

例えば、

  • 音符の長さや名前、意味
  • 自分が何拍目を弾いているか
  • どうやってリズムをとるか
  • どういう時にリズムが乱れやすいか
  • カッコよく演奏するには何に気をつけたら良いか

 

こういうことを知らずに、

なんとなくで弾いてたら、

そら合うもんも合いませんで!って話です。

 

 

んで、他の楽器とズレたり合わなかったりするから、

「あー、ウチ、リズム感ないねんなー、やばー、病むー」

ってなっちゃうw

 

 

 

大丈夫、それは「今」知らないだけだから。

 

 

生まれつき才能があるからとか、

楽器経験があるから出来るとかではなくて、

「知らない」を「知ってる」に変えるだけです。

 

 

これには何のテクニックも才能も関係ない。

 

 

 

しかもですよ、

リズムは一度身についたら、

どんな曲でも活かせるスキルになりますからね!

 

 

J-Popだろうが、ロックだろうが、Jazzだろうが、レゲエだろうが、

何弾く時にも「リズム」っていうのは大事。必要。

 

 

「リズムを知る」っていうのは、

ベースが上手くなる上でめっちゃ効率良いんです。

 

 

 

独学でやってたけど「なんか違う」

 

これめっちゃ分かる。

僕もそうでした。

 

思うように弾けなかったり、

上手な人と比較してしまったり、

一応弾けてるけど…うーん…だったり。

 

 

そんなモヤモヤを抱えたままだったら、

当然自信持って弾けないですよね。

 

だから楽しくなくなる。

 

 

 

でも、この解決法も

ぶっちゃけさっきのリズムの話と同じなんですよ。

 

「なんか違う」の「なんか」を知る

 

 

例えば、

  • 左手がバタバタする
  • 音が途切れる
  • 弾いていて疲れる
  • 早く弾けない
  • どんな弾き方をしたらいいか分からない
  • カッコよく弾けない

 

こういうのが悩みだとしたら、

その原因になっている「なんか」を知っているか知らないかです。

 

 

ちなみに、

上記のような「なんか上手いこと弾かれへんなー。」

という悩みの根本原因は、

この辺りなことが多いです。

  • 正しい左手の親指の向きや位置を知っているか
  • 左手の指使い(運指といいます)の考え方を知っているか
  • 記号の意味や意図が読み取れるか(読み取る知識があるか)
  • リズムを理解しているか